印鑑作成

印鑑市場も実印作成の候補として相応しくて

捺印をする

印鑑の中でも、実印を多用している方が少なくないかもしれません。それを裏付ける証拠として、実印作りをしてらっしゃる印鑑市場があるからです。今回は、その会社がお作りしている実印について掘り下げていきたいと思います。印鑑を割引価格で入手するチャンスですよ印鑑登録の際に実印が必要なため、実印は立派な物であるべきだと強く思っている方が居ても可笑しくないでしょう。印鑑市場では、2本以上の単品印鑑をご購入されたお客様に20%引きにするとのことです。24時間365日にわたって印鑑作りを受け付けていますので、中々時間が合わない方も、都合が良い日時をお選びになれますよ。お得な実印がすんなり手に入れられる時代が到来したことを、私を含めた多くの方に実感させていますよね。
氏名の文字数が多いお客様も心配要りません。印鑑市場は、氏名の文字数に関係なく同じ料金で注文を承っています。つまり、氏名の文字数が多いお客様も、損をしない印鑑作りを依頼できるわけです。印鑑市場をご利用した多くの方は、先のサービスをいたく気に入っているかもしれません。どのお客様にも平等な価格設定を心掛ける印鑑市場は、お客様の立場に立った印鑑作りができていると言えるのではないでしょうか。

なぜ多くの方々はチタン製を好むのか

印鑑には様々なタイプがあります。木製や金属製など色々な種類がある訳ですが、それらの中でもチタンなどは大人気です。なぜなら、それには主に2つのメリットがあるからです。
まず1つ目ですが、見た目のメリットがとても大きいのですね。そもそも人々は、印鑑の見栄えはかなり重視する傾向があります。なぜなら印影によって、印象を判断される事も多いからです。良い印影の場合は、それだけ相手に対して良い印象を与えられる傾向があります。そしてチタンという素材の場合は、その印影がとても良いのですね。非常に格好良い印象を与えられる事が多いため、多くの方々の間で大人気なのです。
それともう1つのメリットが、耐久力が非常に優れている事です。人によってはかなり印鑑の利用頻度が多い事もあります。毎日のように、それを使う事もあるでしょう。そしてチタンという金属は、上述のように耐久力がとても良いので、毎日の使用にも耐えられる事が多いのですね。しかもそのタイプは、腐食も発生しづらいです。簡単にはサビない作りになっていますので、やはり印影も良くなる事が多い訳ですね。このような印影と耐久力という2つの理由により、数ある印鑑の中でもチタン製は大人気なのです。

主なハンコの書体6種をご紹介

ハンコの顔となる書体選びは、とても重要で、実印、銀行印、認め印それぞれに向き不向きがあります。多くの店で用意している書体をいくつかご紹介します。
・篆書体(てんしょたい)
パスポートの表紙にも使われている書体です。歴史ある書体で、複雑な形をしているため、偽造防止にもなります。実印、銀行印向けの書体です。
・吉相体(きっそうたい)
印相体(いんそうたい)と呼ぶ場合もあります。篆書体よりも読みにくいので、実印、銀行印に向いているのですが、文字が読めないことにより、実印として印鑑登録できないということもあるので、注意が必要です。銀行印として使用するには問題ありません。
・隷書体(れいしょたい)
篆書体を簡略化した書体で、日本の紙幣の「日本銀行券」という文字にも隷書体が使用されています。読みやすい書体なので、認め印向きです。
・古印体(こいんたい)
隷書体を基に作られた書体で、日本でつくられた書体と言われています。こちらも読みやすい書体なので、認め印向きです。
・楷書体(かいしょたい)
一画ずつ筆で書いたような書体です。認め印向けの読みやすい書体です。
・行書体(ぎょうしょたい)
楷書体を少し崩した書体で、認め印向けです。
主な書体6種類をご紹介しました。実印、銀行印は偽造防止のために複雑な形の書体、認め印は読みやすい書体を選ぶようにすると失敗が少ないので、ぜひ参考にしてください。

印鑑を作るときのポイントとしては

印鑑を作るときには、しっかりと信頼できる業者から買うことです。別にインターネットで購入してもそれは問題ないです。あくまで業者の口コミなどを見て、判断ができるならばそれはそれで良いやり方であるといえます。全体的な傾向として、基本的に印鑑自体が安くなってきています。さずかに最高級品に関する相場はそこまで下がっているとはいえないですが、その他の印材であれば安く買うことができるような時代になっています。最近では珍しい材質の物も増えています。また、高級といってもネフライトあたりであれば十分に手に入るような価格帯に落ち着いています。ネフライトとは昔で言…

私の使っている印鑑

私の持っている印鑑で一番よく使うのは三文判の安いやつです。ゴム印は不可の場合がありますが、日常使う印鑑は特に決まりは無いようです。しかし、昔、会社で怒られたのは部長の印鑑より大きいのを使っていた時です。そんなのどうでも良いだろうと思いました。一応、平社員は直径11mmが普通とのことでした。わざわざ買うのかと思いました。ついでに修正印を買っておくように言われました。修正印とは何かわからないので先輩に見せてもらうと5mmくらいの小さいものでした。会社で使うのでそんな高いのを買ってもバカらしいので安いものを買いました。最近は会社でもあまり印鑑は使…

印鑑として知っておくべきこと

印鑑は色々と種類があります。その一つとして、三文判というのがあります。これは非常に安価な判子であり、それこそ、100円で売っているところもあります。すべて機械で大量生産されたまったく同じ印鑑になります。どんなことに使うのか、といいますと確認印などに使うのが正しい方法です。つまりは、宅配便などの受け取りなどであり、これだけで十分に使える印鑑であるといえます。仕事などでも書類の確認の証拠として捺す場合があったりします。しかし、重要な契約などの署名には使えないです。或いは使うことを拒否されることがあります。そうしたことに使う印鑑はなんといっても、…

印鑑をインターネットで購入する

印鑑を買う時間がなかなかないという人は多いでしょう。やはり現代人は時間が取れないものです。だから、印鑑を買うためにお店を訪れる時間を作ることも難しいかもしれません。そのような場合にはいったいどのようにして印鑑を購入すればいいのでしょうか。そのような人は印鑑をインターネットで購入していったほうが良いでしょう。インターネットで印鑑を買うメリットとしては、時間がない人でも買うことができるということです。インターネットで印鑑を買うために必要なものはインターネットができる環境と、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末です。それらがあれば簡単に…

新着情報

NEW2016/07/04
印鑑をインターネットで購入するを追加しました。
NEW2016/07/04
印鑑として知っておくべきことを追加しました。
NEW2016/07/04
私の使っている印鑑を追加しました。
NEW2016/07/04
印鑑を作るときのポイントとしてはを追加しました。

≫ 記事一覧へ

Copyright © 2016 印鑑を作るときのピックアップすべきポイントをご紹介いたします All Rights Reserved.